© 2018年度小金井青年会議所 All rights reserved.

理事長所信

圓 相 ~「和」の創造~

第45代理事長 是枝 嗣人

 

圓 相

「圓(エン)」は欠けることも、余すところもない完全な円満であり、始まりもなければ終わりもない、無限の宇宙です。仏教の世界では「圓」は「空(クウ)」則ち「0(ゼロ)」であり、「不空(フクウ)」であります。それは目に見えないものでありながら、目に見えるものでもあり、目に見えないものを信じる心を表すものです。そして、国構えに員の字はメンバーが輪になって「和」を成すことを表しています。主体性を持った小金井青年会議所のメンバーは、45年間にわたり諸先輩方が培ってきた「和」の財産を受けつぎ、そこに新たな「和」を創造し繋いでいきます。
人の生き方は「目に見えるものだけを信じる生き方」と、「目に見えない何かがあると信じる生き方」の2つがあります。科学で解明できるものだけを信じて行動する生き方と、現在の人類の力量では解決できない事象や精神性を大切に行動する生き方、戦後の日本社会の一般的な在り方は前者を是とし、後者については個々が自分の中に納め、その思いをあまり他人に話さないようにしてきたように思います。目に見える豊かさを追い求め、戦後の復興と高度経済成長を成し遂げてきた結果、現在は物質的には豊かで、たくさんのものに囲まれていますが、ものの豊かさが飽和状態となった今日、目に見える豊かさに感謝しつつ「目に見えない何か」も大切にすることが、人々の暮らしを本当の意味で豊かにすることにつながると私は信じています。

はじめに

小金井青年会議所は、1974年、まちを思う青年が集い、関口弘治先輩を初代理事長として、全国で557番目の青年会議所として誕生しました。昨年は1979年に梅根敏志先輩が公益社団法人日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会第8代会長に就任して以来、38年ぶりに東京ブロック協議会の会長を輩出することができました。第46代会長に就任した大久保勝盛君をはじめ、20名を超えるメンバーが東京ブロック協議会へと出向し、小金井青年会議所内の活動だけでは学びえない多くの経験をしてきました。そのように多数のメンバーが出向する中で、第44代理事長大澤義治君の下、例年に遜色の無い運動を展開できました。
それはひとえに小金井市長西岡真一郎様をはじめとする行政関係の皆様や小金井市内関係諸団体の皆様よりいただいた「地域の『和』」の力、そして小金井青年会議所シニアクラブ会長鈴木一美先輩をはじめとするシニアクラブ諸先輩方、公益社団法人日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会第47代会長藤原英作君をはじめとする東京ブロック協議会内各地会員会議所メンバーの皆様よりいただいた「友情の『和』」の力のおかげであり、ここに改めて御礼を申し上げます。

ひとの「和」

戦後の日本経済を支えるべく、70年間青年会議所のメンバーは走り続けてきました。その偉大な先駆者たちのリーダーシップにより日本の経済や社会全体は大きく発展し、経済的な浮き沈みを経ながら、物質的には満たされた社会となりました。その中で我々青年が立ち向かうべき課題も変遷し、明るい豊かな社会の実現のために様々な運動が展開されてきました。
この10年間でいえば、小金井青年会議所のメンバーは若い世代が安心して働き、子育てができるように、小金井の子育て・子育ち関連団体の「ひとの『和』」を生み出だすべく『キッズ・カーニバルKOGANEI』の前身である『こがねい子育てメッセ』を開催しました。これが1つのきっかけとなって、小金井子育て・子育ち支援ネットワーク協議会が発足し、近年『キッズ・カーニバルKOGANEI』は小金井子育て・子育ち支援ネットワーク協議会の皆様や多くの子育て関連団体のご協力のもと、様々な団体、個人が参加した実行委員会によって主催される事業へと発展しました。小金井青年会議所はこれからもキッズ・カーニバルKOGANEI実行委員会とともに子育て環境をサポートしていきます。
また、本年度は、全ての世代の課題に対応すべく、超高齢社会に我々青年が何をなしえるかを考察してまいります。小金井市では平成のはじめに1割ほどであった高齢化率も年々増加し、平成29年には2割を超え、中でも「おひとりさま」と呼ばれるひとり暮らしの高齢者は7500人を超え人口の約6%を占めています。
その中で医療や介護などだけではなく、年金や成年後見などの制度の問題、バリアフリーやインフラなど環境の問題、貧困や住まいがないなどの生活に関する問題など様々な課題が山積しています。しかし、その人たちが幸せでなければ明るい豊かな社会の実現は叶わないのではないでしょうか。小金井青年会議所は地域の中で老若男女どのような世代も幸福にこのまちで暮らせるライフデザインをサポートできる目を養い、人と人の繋がりや、やさしさに包まれた地域コミュニティを形成する「ひとの『和』」を創造できる人材を育成してまいります。

まちの「和」

青年会議所の三信条は、修練(TRAINING)・奉仕(SERVICE)・友情(FRIENDSHIP)です。リーダーシップを得るために仲間と自己を磨き、社会のために奉仕し、国際的な友情を育み世界平和を目指す。この三信条に基づいた行動が青年会議所の醍醐味であり、魅力です。仲間と社会の課題を見出し、考察し、会議を重ねて形成された事業を実施し、その結果を検証し、課題解決に一定の成果を見出したのち次の課題へと向かっていく。20歳から40歳までの青年経済人の集まりである青年会議所が青年の最大の学び舎であるといわれる所以です。
青年会議所の三信条に基づいて行動するうえで大切なことの1つは「生業を通じてしっかりと社会に貢献する」ことです。目に見えるものだけを信じ自己の利益だけを追い求めることだけでも「得」は生まれるでしょう。しかし、目に見えない何かを大切にできたとき「得」以上のものを得るのではないでしょうか。
自己の利益と相手の利益を尊重し、自分の周りの「和」である家族や従業員とその家族、関係者とその周りの人を潤し、相手の周りの「和」を幸せにすることによって、その「和」は社会全体に広がり利益をもたらします。その広がりは「目には見えない価値」となり還ってきます。そうなると「得」は転じて「徳」となり、生業に付加価値をもたらすことになります。生業を通じて得た技術や知識などのスキルや職業経験を通じて得た思想・意欲・智慧などの思いを社会に還元することで、地域の経済循環を活性化する。それは「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」「経世済民」という経済の本質をとらえることにもなります。
本年度は普段の生業から更に一歩踏み出し、ひとりひとりに何ができるのかを考え、仲間がそれぞれの能力を持ち寄り、生業を通じて地域全体の利益を考える人が織りなす「まちの『和』」を創造する事業を展開してまいります。

めぐる「和」

欠けることのない「圓」は、45年の時とともに成長し続けた今の小金井青年会議所の姿であり、その先の希望です。新しいメンバーの入会と40歳での卒業、その繰り返しで、時間を共有した仲間が生み出してきた関係性や想いが廻り、連なり、つながって「和」となっていくのであります。
青年会議所に入会し活動していく中で困難に直面することもあるでしょう。しかし、「このあたりが自分の限界だ」と思い込んでいるときには、「まだできるよ」と自分の中の限界を外してくれる、また自分の実力以上に手を広げ、負荷がかかりすぎているときには、「無理しすぎだよ」と手を差し伸べてくれる仲間がいます。そのように経験を重ねながら柔軟性を会得し、新しい自分の型となり、さらにその経験を後輩に伝えていく。仲間と自己を研鑽した者だからこそ創れる「和」の形です。そのような「和」を先輩から後輩へ、廻らしめることができるのが、青年会議所の醍醐味でもあります。
小金井青年会議所は、ここ数年で卒業を迎えるメンバーが多数います。青年である時間は限りある、が故に儚く、美しく、大きく輝くことができるのです。これからは入会歴の浅いメンバーが、小金井青年会議所の未来を切り開いていかねばなりません。本年度も小金井青年会議所は次の時代を担う、ともに研鑽する仲間を増やし、「圓」を大きく発展させてまいります。
そして、45年間に小金井青年会議所に関わってきた多くの諸先輩方。そのさまざまな思いがこの小金井というまちに数々の「地域の『和』」という軌跡を残してくれました。その軌跡を追いながら、日ごろ良い関係を結んでいただいている様々な団体と連携し、45周年の記念事業として小金井の魅力を広く市民の皆様に知ってもらうことをお約束いたします。

結びに

この十数年間、小金井青年会議所はメンバーの拡大に始まり、東京ブロック大会の主管、東京ブロック協議会の会長輩出など大きな目標に向け邁進してきました。多くの先輩が残してくれた財産の中で最も素晴らしいものはメンバーの中に不和がないことです。40名近い集団で派閥がないことは奇跡に近いことだと思います。青年会議所は会議体ですので会議の場では切磋琢磨し多くの意見を交わし合いますが、会議が終わればノーサイドで本当に仲が良いことが小金井青年会議所の自慢です。
本年度45周年を迎えるにあたり諸先輩方が培ってきた信頼と実績を守りつつ、多様性のある社会の中で次の5か年の基礎となるべく様々なものの見方を養ってまいります。そして、我々の思いが、その先の50年、100年と姿を変えつつ、しかし本質的には変わらずに伝わって行って欲しいと願います。そのために必要なことは45年間の先輩方の軌跡を大切にし、小金井青年会議所メンバー、それを支えていただいている皆様、世界中にいる青年会議所メンバーが「和」を創造することです。そのために皆様の更なるご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げまして、2018年度小金井青年会議所第45代理事長としての所信とさせて頂きます。1年間どうぞよろしくお願い致します。

2018年度小金井青年会議所第754回例会 しごとコラボレーション~ 想いの『和』~

第754回例会「しごとコラボレーション~想いの『和』~」のご案内

7月19日(木)に開催いたします『第754回例会「しごとコラボレーション~想いの『和』~」』のご案内です。 メンバーの仕事の経験を持ち…

音楽にダンスにお笑いまで! 地域イベント「小金井×縁タメ」を開催します!!

小金井青年会議所が『縁』をテーマにしたイベントを開催致します! 小金井に縁のあるアーティストをお呼びして、音楽、ダンス、お笑いの楽しい…

第752回例会「キッズ・カーニバルKOGANEI2018」のご案内

6月9日(土)に開催いたします『第752回例会「キッズ・カーニバルKOGANEI2018」』のご案内です。 今年で11回目を迎えるキッ…

5月拡大事業「ENJOY FIGHTNESS」のご案内

5月9日(水)に開催いたします『5月拡大事業「ENJOY FIGHTNESS」』のご案内です。 青年会議所としては数少ない、女性目線で…

スペシャルゲストはお笑いタレント カラテカの入江氏!! 第751回例会 4LOM合同例会 SPECIAL PARTY 「GO!PUSH!START!」のご案内

4月24日に開催いたします『4LOM合同例会 SPECIAL PARTY 「GO!PUSH!START!」』のご案内です。 青年会議所…

ページ上部へ戻る